蒼い月を捜して〜徒然なる日記〜

昔は詩も曲も作って生き生きしてたなぁ。っていう、独り善がりな日記です。

【64日目】地球が怒っているのかとさえ思う。

今日も朝から子供達が元気です😇

そりゃ家の中だけじゃつまらないよね。。

だけどせめてマスクはして欲しい…

と願うのはダメですかね😩



提供元:pixabay


コロナウイルス:続々続々


この期に及んでまだ

外に出かける人がいらっしゃるとは…

明らかに不要不急ではない方々ばかり。

マスクしてるならまだしも、

してない方もちらほら。

買い物も家族で行かなくていいですよね。

あれだけ代表者が行ってくださいって

言ってるのは訳があるのをご存知なんでしょうか。

長引かせないよう、これ以上広まらないよう、

なるべく外に出ないでねと伝えている訳です。

それぞれお仕事だったりする方も

いらっしゃるでしょうが、

(かく言う自分も仕事です)

控えて頂きたいものです。

父の様子


今日、病院の先生から電話がありました。

いつもは母の携帯に

掛けてくださっているのですが

タイミング悪く母が取れなかったようで、

自分の携帯に掛かってきました。

病状はあまり良くなっていないとのこと。

エクモと人工呼吸器をつけていますが、

肺の状態はよくなく、

現在も継続して使用している状態。

ただずっとエクモを使用していると

肺にバイ菌が入り込み、

感染症を起こす可能性がある為、

気管支切開を行い管を通して

直接肺に空気を送り込む手術を行いたいとの

連絡でした。

家族の同意書が必要との事で承諾し、

よろしくお願いします、とお伝えしました。

父の病状はコロナ患者さんの間でも

1番重い重篤患者だそうです。

ただただ無事を祈るばかりです。

また、本当に丁寧に説明して下さって

対応してくださるお医者様には頭が上がりません。

本当にありがとうございます。

母の様子


母は幸いな事に

アビガン治験者となったおかげか

回復も早く、元気いっぱいです。

病院にもよるそうですが、

うちの母が入院している病院は

PCR検査を3回受けて

陰性になるまでは退院とはならないようで、

確実ではないようですが安心材料になります。

結果が陰性で、まだ入院を待っている人に

病床を開けてあげたいと母が願っておりました。



提供元:pixabay


給付金少ないし自粛なんて無理って方も

いらっしゃると思います。

終息した後に

どうやって暮らせばいいんだって方も

いらっしゃると思います。

そんな期間を少しでも短く出来る様に

家でも出来ることを探しませんか。


出来るだけ早い終息を願って。


2020年4月25日 64日目。